【合格者の声】石川県在住 Yくん(現役生)

見事大学合格を果たしたStudyコーデ生へのインタビューをお届けします!

■プロフィール

石川在住 現役生

県立高校 偏差値57

英語・国語・世界史

 

■合格校

中央大学

法政大学

立命館大学など

 

 

講師)たくさんの合格本当におめでとう!こんなにたくさん合格するとはね~

 

Yくん)ありがとうございます!1年前から考えたら夢のようです!

 

講師)東京での家も決まったみたいだね?

 

Yくん)はい、中央大学に進学することに決め、早速家を決めてきました。他にもたくさんの新入生が部屋探しをしているみたいでした。

 

講師)ウキウキの新生活準備ですね!

そんな忙しい中、今日は時間を作ってくれてありがとう。一緒に思い出話ができたら嬉しいです。

 

Yくん)こちらこそ、よろしくお願いします!

 

講師)まずStudyコーデを見つけてくれたキッカケを教えてもらえる?

 

Yくん)前に通っていた塾があったんですけど、あまり成績が上がっている感覚がなかったんですよね。で、高3になるタイミングで塾を探そうと思いました。

通えるところがあるなら、金沢まで行こうかと思ってたんですが、金沢駅まで1時間はかかるところに住んでいるので、やはり遠くて・・・時間的にも体力的にもキツイかなと思ったんです。

それで、オンライン塾で探している中で「まとめサイト」を見たらStudyコーデが載っていて、いいなと思って問い合わせをしました。

 

講師)自分で探して自分で見つけたんだね!

新しい塾だし、昔にはなかったオンラインというスタイルだし、Studyコーデで始めるにあたって不安はなかったの?

 

Yくん)HPとか面談で話を聞いて、スケジュールがきっちり決まっているのがいいなと思ったし、ロゴに書いてある「放置しない」というキャッチフレーズが自分には刺さりました!

あとは金銭的なところを比較しても、いくつか検討に上がった中では安いほうかなと思って決めましたね。

 

講師)なるほどね。細かくチェックしてくれているね。

 

Yくん)はい。塾選びの大切さは痛感していたので、ちゃんと探して考えたほうがいいと思っていました。

あ、あとは石川県にいると地元の国公立の情報ばかりで東京の大学の情報が入ってきづらいので、StudyコーデがGMARCHの情報とかノウハウをしっかり持っていそうなところも大きかったですね。

 

講師)地方は国公立信仰が強いからね。高校の偏差値結構高いけど、みんな国公立志望だった?

 

Yくん)いやいや、偏差値57と言っても、高校の入試倍率は僕のとき1.0倍でしたよ。

でも今年は金沢大学と富山大学に20人ぐらい入りましたかね。

やはり国公立志望が多くて、私立受験者で3教科ガチみたいな人はいないので、たぶんうちの高校にMARCH合格者は僕だけかもしれません。

 

講師)みんな国公立志望なのに、君はなんで私立に決めたの?

 

Yくん)立地と勉強のしやすさですかね。

やっぱり地方から出たいなっていう想いがあって、せめて京都、できれば東京に出たいと思っていました(笑)

 

講師)おー、それでいくと京都の立命館も東京の中央法政も合格獲りましたね!

10か月やってきて、オンライン塾とか、Studyコーデの仕組みの、どの部分が良かったと思う?

 

Yくん)オンラインはめちゃめちゃ良かったです。

家で勉強できるのが最高でした。以前は、塾のためにわざわざ着替えて移動してって面倒だったんですよね。その時間ももったいないですし。

あとは動画が良かったです。普通の教室の授業だったら聞き逃したり分からないところを、動画だと一時停止したり見返したりできて、確実に理解しながら進めたのが本当に良かったです。

 

講師)家で勉強するっていうのはどうだった?オンラインで自宅学習になると、集中できないんじゃないかって心配している人も多いと思うんだけど。

 

Yくん)自分も元々家じゃ集中は出来ないほうだったので、本当は自習室が欲しかったんですよね。

昔から自分の部屋でぼーっとやっていても、全然頭に入っていかなかったので。

だからこの大学受験では、やるべきことを「ノルマ」として設定して、さらにそれに対して最低と最高の目標を決めて、こなすようにしていました。

というか、こなすべきノルマも基本的に塾が決めてくれるじゃないですか?やることを明確にしてくれるカリキュラムは本当に助かりました!

 

昔はyoutubeでオススメの参考書とか調べてやって、2カ月やってみて、効果出てないな~意味なかったな~ってなって、すごく虚無感と不安感に襲われるっていうのを繰り返していたんですよね。

この塾は合格保証もあって、カリキュラムが間違っていないという信頼感があって、それを信じてついて行けたのが良かったです。

 

講師)確かに、言われたことはちゃんとやっていたもんね!

逆に悪かったところや、変えてほしい部分ってあるかな?

 

Yくん)いや、ないっすね。

逆に入塾後にびっくりしたことがあって、まとめサイトにはzoom面談が週1回って書いてあったんですよ。でも実際は週3回、毎回zoom面談があって嬉しかったです。

 

講師)あ、そうそう。1番最初の構想ではzoom週1回でもいけるかなと思ってたのよ。でもやっぱりコミュニケーションをもっととりたくなって、すぐに毎授業後zoomっていう仕組みに切り替えたんだよね。

 

え、週1回のzoom面談でも同じ結果出てたと思う?

 

Yくん)いや、微妙ですかね~ 読込の確認とか毎回してくれるじゃないですか?ああやって毎授業後に確認される時間があるから、動画授業を集中して頑張れたと思うので、週1回だと怠けてしまっていたかもしれません。

ちょうど友だちで金沢の塾に行って、週1回計画立ててもらってる人がいたんですけど、勉強がうまく続かないって悩んでいましたね。

 

講師)そっかそっか。じゃあ毎回zoomにして正解だったってことかな。

何か10か月の中で、印象に残っている出来事とか、時期とかってある?

 

Yくん)基本的に辛かったことになりますけどいいですか笑?

2つぐらいあるんですけど。

1番辛かったのは共通テスト直前期の現代文ですね。少し前までは7,8割安定して取れていたんですが、直前の過去問で6割しかとれなくて、すごい焦っちゃって・・・。

その点数だと共通利用入試でも合格がなくなっちゃうから。そこから毎日2週間解き続けてなんとか自信を回復できました。

 

講師)直前期に演習でコケると不安になるよね~

そういうときは視野を広くとって、過去1,2カ月ぐらいの自分の平均値に思いを馳せるといいよ(笑)

 

Yくん)もう1個は9,10月ぐらいにあった秋の共通テスト模試以降ですかね~。

秋の共通テスト模試では全教科7割ぐらいまで獲れるようになったんです。春からするとすごく伸びてて嬉しかったんですよ!例えば英語Readingで言えば、そもそもずっと時間が足りなかったんですよね。誰がこんなの80分で解き終えられるんだよって思ってたんです。でも春からこの塾で言われた通りにやっていたら、秋には80分でちゃんと解き終えられたので、驚きましたし嬉しかったです!

ただ、そこから先が伸び悩んだので焦りました。秋以降は自分の成長を大きく感じることはなくて、このまま伸びないのかなとか不安に感じてましたね。

 

講師)もちろん30点から70点に上げるのと、70点から90点に上げるのでは、かかる時間も違うし、違った苦しさがあるよ。

で、そこはどう乗り越えたの?

 

Yくん)塾を信じて「読込」などをやり続けました。変に勉強を変えることはせず、先生に言われた通り、やり続けました。

やってみると分かりますけど、ちゃんと塾の言うことを信じて泥臭くやるしかないですよね!

 

講師)うん、そうだね。不安になると余計な事をやり始めてしまう人が多いんだけど、不安なときこそ基本に忠実に動いたほうがいい。

でも、なんでそこまで私やStudyコーデのことを信じてくれたの?

 

Yくん)この塾を知ったとき「MARCHの合格を保証する」ってすごいなって思ったんですよ。僕からしたら超ハイレベルな大学の合格を保証してくれるの!?って。

実際、先生がいらっしゃったEDIT STUDYの合格実績のデータを見ても、ちゃんとみんな合格してるじゃないですか?だからこの塾を信じようと春から決めていました。

 

あとは週3回のzoomでも勇気をもらいました。なんて言うか、先生の熱意が伝わってきました(笑)。いま自分がやっていることが間違っていないって思わせてくれたし、一緒に頑張ってくれる姿勢が嬉しかったです。

 

講師)いやいや、熱意のない先生とか嫌でしょ(笑)

私から君を見ていて、いろいろ良かった点はあるんだけど、総じて君の素直な姿勢が勝因だったと思うよ。

 

Yくん)そうですかね。ほんと、塾を信じられたっていうのが1番大きい気がします。

 

講師)それは確かに大事な要素ではあるね。自分の塾や指導者や参考書、なんでもそうだけど、1度決めたら一心不乱にそれについていくことや極めることが大事。

それをせずにyoutubeで勉強法とか検索しまくってる人って、大体失敗してるよね。

 

じゃあ最後に、これから受験する人や、Studyコーデを検討している人にメッセージがあればください!

 

Yくん)Studyコーデに入るなら、英語の「読込」を絶対に続けてほしいです。単調な勉強ですが、僕がそうだったように継続すれば絶対に英語を読む力がつきます。

そして参考書をコロコロ変えるような勉強の仕方ではなく、1つを信じて素直にやり続けるのが1番だと思います。

 

講師)ありがとう!ちなみに他の生徒にも聞いてるんだけど、Yくんは受験勉強を通して得たことって何がありますか?

 

Yくん)「自信」ですね。

受験勉強に入る前の自分は、高校での成績は真ん中ちょい下、運動も特にできない、勉強も続かない、何をやっても中途半端というか、ダメな奴でした。

でも今回MARCHに合格することができて、自分ってやればできるんだなってすごく自信になりました。

あとは継続力です。こんなに嫌いだった勉強を10か月やり続けられたっていうのは、これまた自信になりました。

 

講師)そんな素晴らしい経験と自信を持って、大学では何をしようと思ってるの?

 

Yくん)自分が進学するのは国際経営学部なんですが、元々経営や経済の勉強がしたかったので、それをしっかりやりたいです。

英語は全く自信がなかったんですけど、塾で英語を勉強して苦手意識が消えたので、国際という名のつく学部ですが頑張りたいと思います!留学が必修なのでちょっと不安ですが、頑張りたいですね。

 

講師)いいね、頑張ってね!そして楽しんで!

他には、何か言い残したことありますか?

 

Yくん)先生に言いたいことがあるんですけど、

 

講師)何よ?

Yくん)明治と早稲田には落ちてしまい第一志望には合格できませんでした。でも全然落ち込んでなくて、むしろ満足感でいっぱいです。勉強を始める前はまさか自分がMARCHに入れるなんて思っていませんでした。本当にこの塾に通ってよかったです。ありがとうございました!

 

講師)何かと思えば、講師冥利につきる言葉をありがとう!

ここからどんどん人生が広がっていきますので、今回の経験を自信に、ガンガン攻めた人生を歩んでください!

1度も直接会ったことがないので、上京したら東京でお会いしましょう!

 

Yくん)はい!