Studyコーデは高校1年生の方も積極的に受け入れています。
なぜならば高1から始めることで将来的に大きなアドバンテージを得ることができるからです!

高1のPoint!

  • ◎英語を必ず得意科目にできる!
  • ◎高1で勉強の型を身につければ高2、高3で飛躍的に伸びる!
  • ◎英語と数学をやるなら週2回コースがオススメ!
  • ◎部活や課外活動との両立を応援!
  • ◎学校の勉強に「ある程度は」対応可能

英語を必ず得意科目にできる!

高2の夏や高3の春にいよいよ大学受験を意識したとき、致命的なのは「英語が苦手」な状態であることです。
文系理系を問わず、英語ができない受験生の合格可能性は極めて低くなります。

英語は「読み方のルール」さえ分かれば誰でも格段に読めるようになります。
しかしそのルールを丁寧に徹底的に指導している塾や学校は意外にも少ないのです。
(詳細は下記コラム参照)

Studyコーデでは読み方の指導に徹底的にこだわります。
そして、それは今まで多くの受験生の英語の成績を劇的に改善してきた方法です。
無料体験授業で早速その方法の一部をお伝えしていますので、よろしければそちらを受講してみてください。

高1から読み方を身につければ、受験を迎えるころには英語が得意科目になっていること間違いなしです。
また英検などに必要な4技能にも対応していますのでご安心ください。

関連コラムはこちら

初期に勉強の型を身につけることで高2、高3で飛躍的に伸びる!

勉強には「効率的に成績を伸ばすための型」があります。新単元学習⇒復習・暗記⇒確認テスト⇒新単元学習⇒・・というサイクルを日常的に守ること。そして一定期間経過後にそれまでの範囲の総復習をすることです。

しかしこれを自分でやれる受験生は少なく、やらせている塾も少ないのです。
例えば大手予備校に毎回きめ細かい小テストがあるかと言えばありません。
つまり習熟度の確認をせずに次に進んでいるのです。(自分でやっといてね~ということです)

Studyコーデでは講師の伴走とともに上記サイクルを徹底的に守っていただきます。
自然とそうなるようにカリキュラムを作成してあります。

そしてお気づきのように、成績アップのサイクルを高1などの早い時期から習慣にしておけば、高校3年間の勉強をより有意義でより効率的な内容にすることができるのです。

英語と数学をやるなら週2回コースがオススメ!

高校1年生にとってなかなか大学受験をリアルに感じられないことは事実です。
そこでStudyコーデでは週1回コースを用意し、部活など勉強以外のものと両立ができるようにしています。
まずは勉強や塾というものに慣れていきましょう。

週1回コースの場合、基本的には「英語」を1年間勉強していくことが受験戦略上はオススメです。ただし、もし理系進学を強く希望している場合は「数学」も忘れてはなりません。理系の受験生にとって「数学が苦手」という状態は「英語が苦手」と同様に致命的です。
実際、数学がネックとなり、高3から文系に転向する高校生が非常に多いです。

もし理系進学に強いこだわりがあれば、数学に関しても英語同様に高1から得意科目に仕上げていくべきです。
ただし週1回コースで英語と数学を交互に進めるのは、進度的に遅すぎます。
そのため週2回コースにして英語と数学を同時に進めることをオススメしています。

また、文系志望の方も週2回以上受講できる場合は、もちろんそのほうが理想的です。
特に英語は触れた量が多ければ多いほど読めるようになります。
どんどん進めて勉強を先取りしていきましょう!

部活や課外活動との両立を応援!

Studyコーデがオンラインスタイルにしている理由のひとつは、この両立を応援するためです。従来の塾に通うスタイルでは、17時や18時の授業開始時刻までに塾に行かなければなりませんでした。
オンラインかつ個別指導のStudyコーデでは、そのような制約はありません。
学習日の勉強は16:00~22:30の間の好きなときに実施できます。
コーディネーターとの面談もその時間帯で約束をして実施します。

1回のコンテンツは2時間半程度ですので、20時頃までに開始できれば消化可能なのです。
自身のスタイルに合わせて、勉強もその他の活動も充実させてください!
また事前に決めていた曜日の都合が悪くなってしまった場合も、臨機応変に対応しますので気軽に相談して下さい。

学校の勉強に「ある程度は」対応可能

Studyコーデは学校の補習塾ではありません。
が、希望があればある程度は学校での学習内容に合わせてカリキュラムを組むことが可能です。

例えば、英単語についてはMonoxerという暗記アプリを使いつつ、確認テストを繰り返していきますが、学校で使っている単語帳が市販の有名なものであれば、それに合わせてアプリのデータを構築し、確認テストを作成することが可能です。
また数学も学校で扱っている単元をお知らせいただければ、順序を入れ替えて対応することが可能です。
対応できる範囲には限りがありますが、お気軽にご相談ください。

ゆくゆく指定校推薦を狙いたいとなったときなど、学校の成績は良いに越したことはありません。
Studyコーデも出来る限りそのお手伝いをしたいと考えています。

コース詳細

週1回コース
  • 16:00-22:30の中で 確認テスト30分STEP学習120分面談15分/2week
週2回コース
  • ①16:00-22:30の中で 確認テスト30分STEP学習120分
  • ②16:00-22:30の中で 確認テスト30分STEP学習120分面談15分
  • ※曜日は月~金の中から選択
  • ※上記の学習時間や面談時間は目安で、日によって増減します
  • ※質問は24時間し放題
  • ※設定した面談日以外にもコミュニケーションあり